JR東海のお得な「のぞみ早得往復きっぷ」の活用法についてご紹介します。



スポンサードリンク


JR東海の新幹線「のぞみ早特往復きっぷ」

JR東海の「のぞみ早得往復きっぷ」を皆さんはご存知でしょうか。

 

東海道新幹線は利用客が非常に多いことでも有名ですが、そんな中で運賃がかなりお得になる「のぞみ早得往復きっぷ」を利用したことがないという方は意外に多いようです。

 

この、のぞみ早得往復きっぷは、行きと帰りをのぞみを利用して往復できる、事前購入型の大変お得な切符です。

 

ただし、東京発着ではなくて、東京・横浜方面への行きと帰りの設定になることと、のぞみの普通車指定席の購入に限りますので若干注意が必要です。
また、途中下車はできず、もし途中駅で下車した場合は、その後はこの切符は無効となってしまいます。

 

さて、この早得往復きっぷは乗車日の21日前〜7日前までの販売となるので、乗車日の1週間を切ってしまってからでは購入することができません。

 

そして、販売枚数にも限りがあるので、事前に乗車日がわかっていれば早めの購入をおすすめします。

 

この早得往復きっぷの「お得度」につきましては、例えば、岡山から東京までを、のぞみの普通車指定席を利用した往復と特急料金の往復の合計額ですと31,680円かかります。

 

それを、早得往復きっぷを利用すると料金は28,000円で、実に3,680円もお得になります。

 

さらに、福岡市内から東京までの差額は8,940円となり、大変お得なのがお分かりになると思います。

 

利用できるのぞみも、自分で任意に決めることができるので、乗車時間もあらかじめ決められたものではなく、自分の都合に合わせられます。

 

つまり、お金も時間も大変有利に使うことのできる、早得往復きっぷなのです。

 

のぞみ早得往復きっぷは、JR東海圏内の方には、是非ともご利用いただきたい割引切符です。

 

 

朝6時台の新幹線のぞみは「EX-IC早特」がお得でおすすめ!

新幹線のぞみはWEB割引などがありませんが「EX-IC早特」というサービスを利用すれば、10〜20%位お得になります。
このEX-IC早特とは、東海道新幹線及び山陽新幹線の会員制WEB予約「エクスプレス予約」会員限定の新幹線割引サービスの一つです。
EX-IC早特の特徴としては、チケットレスなので切符が不要で、ICカードで新幹線の改札を通過することができます。
但しご利用には、乗車日の3日前までに予約する必要があります。
また、区間と列車によって3つのタイプがあり、各タイプごとに価格が設定されています。
朝6時台の新幹線のぞみを利用されるなら、下記(2)がお得です。
(1) 東海道新幹線〜山陽新幹線に乗り継いで乗車する長距離タイプ
(2)東海道新幹線の早朝時間帯の「のぞみ」と終日の「ひかり」に乗車可能なタイプ
※のぞみが利用できる早朝時間帯は朝の6時台の新幹線で、東京?新大阪の各区間に利用できます。
(3)こだま号のグリーン車限定で利用できるタイプ
※東京?新大阪の各区間に設定されています。

 

新幹線の往復割引情報

 

激安&格安旅行「マル得」情報ナビ TOP

スポンサードリンク





JR東海の新幹線「のぞみ早特往復きっぷ」 | 激安&格安旅行「マル得」情報ナビ関連ページ

ぷらっとこだま
ぷらっとこだまは、JR東海ツアーズの、新幹線(こだま)を利用した東京〜新大阪方面へのツアーです。料金も安く非常に人気のプランですので、時期によっては混雑も予想されますが、エコノミープランは普通車の指定席が付いていますので事前に予約をしてしまえば空席状況を心配する必要もありません。
東海道新幹線の空席・予約状況
東海道新幹線をご利用の際には、JR東海の公式ホームページの他、「えきねっと」や「サイバーステーション」などのインターネット情報サービスを上手に利用して、運行状況や空席及び予約状況、さらにお得な料金の情報を入手して、旅行や出張などに役立てましょう。
新幹線の往復割引
新幹線を手軽に安く利用するなら、JRの往復割引のご利用がおすすめです。予め往復でチケットを購入するだけで、お盆・年末年始など時期にも関係なく割引料金が適用されますので面倒な条件確認も不要で大変便利です。さらにちょっとしたコツや裏ワザなどもご紹介します。
大人の休日倶楽部
大人の休日倶楽部はJR東日本と北海道の各線に何度乗っても乗り放題で割引になるという、会員制のお得なパスです。入会するための条件や会員限定の特典など、旅行好きな方に嬉しいお得な情報を公開しています。
VIEWカードの活用法
VIEWカードは、生活スタイルに合わせて選べるところに大きなメリットがあります。新幹線などJRで便利なのはもちろん、ビュー・スイカ をはじめ、ルミネ、JAL等、ポイントや割引サービスや、提携会社が発行するイオン・ANA Suicaや、ETC付きなど目的に合わせてお得な活用法を見つけましょう。


クラブツーリズム


スポンサードリンク