ANA(全日空)の株主優待券をもっと賢く・お得に活用するためのお役立ち情報です!



スポンサードリンク


ANA(全日空)株主優待券のお得な活用法

ANA株主優待券は、全日空国内線の搭乗優待とANAグループ各社・提携ホテルの優待券があります。

また、ANA国内線の搭乗優待券には、株主優待券と株主特別優待券の二種類があります。

初めの株主優待券は、3月末(3月31日から起算して4営業日前)の時点で1,000株以上所有している株主に送られ、後の株主特別優待券は、9月末(9月30日から起算して4営業日前)の時点で1,000株以上所有している株主に送られます。

この国内線の搭乗優待券は、優待券一枚でANA国内営業路線片道一区間が50%割引になるものです。

1,000株の株を所有していれば1枚送られるのですが、4,000株以上持っている株主には4枚プラス超過分2,000枚ごとに1枚増え、10,000株以上の株主にもさらにお得になるようです。

配当金については、全日空の場合、期末配当にて年一回の余剰金の配当を行っており、この配当金の決定は株主総会です。

近年は経営の厳しさのため、あまり配当金は期待できない状況です。

全日空の株主になった場合、どうやら株主優待券が送られることが一番得なようで、もし飛行機をあまり利用しない方なら、この優待券を金券ショップなどで買取してくれるところがありますから、そちらで買取ってもらった方がいいかもしれません。

ANA VISA Suicaカード/貯めたポイントはマイル・Suicaへ移行可能!


買取の相場はインターネットなどで出ていますから、チェックすることをお勧めします。

また、金券ショップではなく自分でオークションに出品する人も多く、そちらで見るとだいたいの相場がわかると思います。

やはり夏休みや年末年始になると価格は高くなるようです。

これらをうまく利用すれば、株主優待券でプチ贅沢もできるかもしれません。

ソラシドエアのお得情報はコチラ

激安&格安旅行「マル得」情報ナビ TOP
スポンサードリンク





ANA(全日空)株主優待券のお得な活用法 | 激安&格安旅行「マル得」情報ナビ関連ページ

LCC格安航空(国内線)
LCC(格安航空)が日本国内でも成田空港や関西空港などを利用して就航します。これら新規激安航空会社の詳しい情報や、お得に利用するための方法や楽しみ方、さらにはちょっと注意しておきたいリスクやデメリットに至るまで、知って得する情報をご紹介します。
ANAサイト情報活用術
ANAのホームページから、国内線・国際線の予約や運行状況の確認したり、さらに臨時の時刻表など最新情報の入手など、もっと全日空をお得・便利に利用するための方法をご紹介します。
スカイマークの「スカイバーゲン」
スカイマークでは、旭川から沖縄までの4路線について1便あたり座席数限定で片道980円で利用できる「スカイバーゲン」が発表されました。格安ツアーよりもお得なこのバーゲンチケットの詳細は、スカイマークのホームページをはじめ、各種情報サイトでも話題になっていますがさらに上手な入手方法や口コミ情報なども今後ご紹介していきます。
スカイネットアジア航空
スカイネットアジア航空には、割引運賃などのお得なサービスがありますが、特に「バーゲン28」は搭乗日の2ヶ月前から28日前まで受け付けており(詳細は時刻表等でも確認できます)、予約はホームページから24時間受付可能ですので大変便利でお得です。さらに株主優待券なども上手く入手できればかなりお得で便利です。
AIRDO(エアドゥ)
AIRDOでは、スペシャル28をはじめ割引で利用できる航空券がたくさんあります。また北海道へ旅行の際には、エアドゥを利用した格安ツアーの方が便利で安くなる場合もありますので、国内線ツアーサイトなどもぜひチェックしておきたいところです。また予約及び運行状況の確認その他最新情報などはホームページから簡単に入手できますので、ネットのサービスもしっかり活用しましょう。
格安航空券(国内線)
格安航空券の購入やおすすめの情報をご紹介しています。北海道や沖縄、九州などの国内旅行にお得に行ける嬉しい情報や、知っておくと便利な情報など、さまざまな空の旅のマル得情報を公開中です。
JALカードのお得な活用法
JALカードでマイレージをどんどん貯めて、お得な特典と交換しましょう。おすすめのマイルの貯め方や、交換の際の特典情報、さらにお得な利用方法など、知って得する情報をご紹介しています。マイルを上手に活用して国内線をもっと楽しく利用しましょう!


クラブツーリズム


スポンサードリンク